事例:乾電池の種類の解説

投稿者: | 2020年9月4日

Intro

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

問:アルカリ乾電池とマンガン乾電池の違いを整理して表を作りましたが、これで良いのでしょうか?


【原文】

▼アルカリ乾電池もマンガン乾電池も電極の材料は同じ「二酸化マンガン(プラス極側)」と「亜鉛(マイナス極側)」です。違うのはその量と、電極を浸している液体である「電解液」です。

▼マンガン乾電池は、「電解液」に弱酸性の塩化亜鉛などを使っています。大きなパワーは出せませんが、「休み休み使うと電圧が回復する」という特徴があります。そのため、大電流を必要とする機器には不向きですが、微弱な電流でよい機器、休み休み使う機器には最適です。アルカリ乾電池よりも安価なので、適した機器であればマンガン乾電池を使用するほうが経済的です。

▼アルカリ乾電池は、マンガン乾電池よりも電極材料を増やし、電解液に「水酸化カリウム」を使用しているのがアルカリ乾電池です。水酸化カリウムはアルカリ性なのでアルカリ乾電池と呼ばれています。パワーが大きいので大電流を必要とする機器に最適で、容量も大きくマンガン乾電池の約2~5倍長持ちします。

論理的には正しいですが、少々冗長な部分が多いです。項目名にも注意しましょう。具体的には……

Contents

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください