AsIs-ToBeパターン

投稿者: | 2018年3月24日
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

AsIs-ToBe パターンは、「今はこうなっています。それをこのようにするべきです」と、現状(AsIs)を確認して目指す方向(ToBe)を提案するものです。

実際には、AsIs/ToBe というタテ軸(時間軸方向)の分解だけでなく、ヨコ軸でも分けて対比していくことが有効な場合が多いですね。

AsIs-ToBeをタテにすることに特に意味はないので、タテかヨコかは場合によって都合が良い方を使います。

以下、実践例です。(ユーザー登録者限定ページ)


AsIs-ToBe 事例1:制限速度変更提案

 

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す