バッドステート(不適切状態)のパターンを掲載しました

投稿者: | 2020年11月28日
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

事故・障害報告などでよく出てくる、「不適切状態・トリガー・アクシデント・損害(略称:バッドステート または STAD)」のパターンを掲載しました。

このパターンはぜひ実際にやってみることをお勧めします(単純そうに見えても意外に難しいのと、やってみて初めてわかる気付きがいろいろ得られるので)。

このパターンは12月18日のオンライン講座でも扱う予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください