時間位置明示実践事例:危機管理への備え

投稿者: | 2018年4月10日
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

危機管理への備えについて語った文章です。

個人情報の漏洩事故に対する備えはすべての企業に必要である。「個人情報の漏洩があった、もしくはその疑いがある」ことが判明した直後の数時間~数日間の対応ですべては決まる。その対応がよければ会社は信用を維持できるし、悪ければ信用失墜を招く。戦争にも似た一種の非常時なのだから、非常時らしく通常の業務体制を一時停止し、危機管理体制で動かなければならない。

そのため事故発生時に危機管理体制を発動する手続きを決めておき、訓練もしなければならない。
また、危機管理体制で重要なのは、発生時に原因究明できるように証拠保全措置を取っておくことである。

青い太字で書いた最後の2文をフローチャートにしてみましょう。最終的にはこんなイメージになります。

 


解説はこちら↓

 

TPI-Example2-20180410

 

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す