Learning from Delivering a Lecture in a Second Language

I learned many things by delivering a lecture in a second language.
私は第2言語で授業をすることで、多くのことを学びました。

I thought you might find it interesting, so I wrote this article.
その話に興味がある人がいそうなので、この記事を書きました。

Several days ago, I organized a seminar in English for the first time in my life.
数日前に私は生まれて初めて英語でセミナーを行いました。

English is not my mother tongue, so still I have difficulty especially in speaking and listening; but because of the help of visual aids I prepared, I was able to do it well.
英語は私の母国語ではなく、特に話すことと聞くことについてはまだ苦手ですが、図解のおかげもあってセミナーはうまくいきました。

However, there were several complicated parts which I couldn’t explain clearly.
とはいえ、私がうまく説明できない複雑な部分もいくつかありました。

That led me to the conclusion that those sections were not well organized.
それで私はその部分の出来が悪いことに気がつきました。

In Japanese, it was not a big problem. That’s because I managed to easily explain them in detail.
日本語ではそれは大きな問題ではありませんでした。というのも、詳しく説明することが簡単にできたからです。

In other words, I had covered up the deficiencies of the teaching materials by speaking, and had been not aware of it.
言い換えると、私は喋ることによって教材の出来の悪さをごまかしていて、それを自覚していませんでした。

But since I couldn’t take that approach in English, I noticed those problems.
それは英語では不可能だったので、その問題があることに気づきました。

So why don’t you try making a presentation in your second language?
というわけで、あなたも第二言語でプレゼンテーションをしてみませんか?

It would be a good opportunity to reinforce somethings you have already learned.
それはあなたが既に学んだことについて再学習する良い機会になることでしょう。

And it’s bound to be a very beneficial experience for your future.
そして今後の人生に役立つ良い経験になるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください