- +

更新情報

(すべての更新情報の一覧)

ドキュメンテーション関連記事・趣旨説明

このコーナーでは、技術的な情報を「わかりやすく図解する」事例を中心に、技術系ドキュメント・コンサルタントの開米瑞浩が、ドキュメントの悩みを解決するためのヒントをお届けします。

ドキュメンテーション・スキル関連記事まとめ

社会問題考察・趣旨説明

このコーナーは、「開米のリアリスト思考室」という名前で誠ブログに掲載していた記事を収録しています。誠ブログは2015年3月末をもって終了したため、その後はオルタナティブブログにて同名で継続しています。

「リアリスト思考」という名前をつけた意図は、矛盾だらけの「現実」をありのままに把握することから始めよう、ということです。

2011年3月の東日本大震災以来、原発事故関連で飛び交う無数のデマを信じて右往左往する人々を大勢見て、私は「誰かが教えてくれることを信じるのではなく、自分で考えて行動する」姿勢を多くの人が持たなければ、自分一人だけでなく社会全体が重要な判断を間違えてしまうということを痛切に感じました。

「自分で考えて行動する」ためには、まずは複雑な矛盾だらけの「現実」をありのままに、価値観と先入観をもたずに把握することが必要です。それは私が本業で行っている「書く力」の研修の重要なテーマでもあります。その意味でこの「リアリスト思考室」は、私の本業である「複雑な情報を整理してわかりやすく書く」ことを、現実の社会問題を相手に実践してゆくコーナーです。

なお、現時点(2015年4月)では、このコーナーに収録しているのはオルタナティブブログ版「開米のリアリスト思考室」のうち、原子力論考関連を中心とした記事のみです。それ以外のものについては、オルタナティブブログのほうでご覧ください。

プレゼンテーション関連記事・趣旨説明

このコーナーでは、面と向かって話をする「プレゼンテーション」関連の話題を掲載します

プレゼンテーション・スキル関連記事まとめ

直近のお知らせ

 理屈をわかってもらうための書き方と話し方を工夫する会(12/14)

理屈をわかってもらうための書き方と話し方を工夫する会(12/9) (受け付け終了)

分かりやすい技術文書の書き方・構成法とその実践講座 @新宿 12/8

範囲指定のある説明とない説明の混在

暗黙のうちに持っているメンタルモデルを意識すること

SQLのINNER JOINとOUTER JOINの解説をリライトした例

「シリーズ構成と文字数制限」つきで文章を書くトレーニング

スタート/ゴール/メカニズム/メソッドの考え方

SQLの結合条件と抽出条件の解説をリライトした例

「文書」を必要とする4種類の場面とは?

仕事の説明に使える「手段・働き・効果・目標」パターン

「ウチの社員の書く説明書がわかりにくい!」 とお困りのマネジャー様へ

たとえばITシステム開発・運用会社では、非常に複雑な説明をしなければいけない場合が多いため、「手順書」「報告書」「仕様書」「企画書」・・・などなど、さまざまな文書を書く機会があります。しかし、「複雑な情報」を「わかりやすく」書くのは難しいため、

「なにか書かれてはいるんだけれど、よくわからない・・・」

そんな文書を前にして上司も顧客も頭を抱えてしまっていることが珍しくありません。

    • 部下のA君が書いてきたこの説明書、このままユーザーに見せてもわかりにくくて困るよなあ・・・
    • 俺が自分で書き直してやればなんとかなると思うけれど、その時間はないし・・・
    • それに、それやっちゃうと君が成長しないから、俺は楽にならないよな・・・
    • なんとか、明日までにわかりやすい説明書が出来て、君の成長にもつながる方法はないものか・・・

と、そんな悩みにあなたも頭を痛めていませんか?

「明日までにわかりやすい説明書が出来て、A君の成長にもつながる」ような、そんな都合のいい方法が、実はここにあります。

詳しくは ⇒ ドキュメント・コンサルティングのご案内