ホーム » 説明上手への道コラム

説明上手への道コラム」カテゴリーアーカイブ

ラベリングの基本 #3 ラベルだけで意味が通じるようにしよう

「提案をする、報告をする」など、自分が考えた結果や意見を手短に人に伝えようとするときは、「ラベルだけで意味が通じる」ようなラベリングが重要です。その考え方を解説しました。

Slideshare で見たい方は↓こちらからどうぞ

(さらに…)

ラベリングの基本 #2 入れ替え可能なラベルはダメ

「長い文章を分解して複数のラベルをつける」ときによくやってしまいがちな、「入れ替え可能なラベルをつけてしまう」という失敗についての解説です。

Slideshare で見たい方は↓こちらからどうぞ

(さらに…)

ラベリングの基本 #1 代表、分類、アサーティブ

説明上手になるためにも、論理思考力を上げるためにも重要な、「長い文章を短く分解してラベルをつける」ための基本の考え方である「代表・分類・アサーティブ」なラベルについての解説です。

Slideshare で見たい方は↓こちらからどうぞ

(さらに…)

対比できるものは対比して考えよう

性格が違うものは分けることが大事 のコラムで扱ったことと関連しますが、人間は「比べて違いを見る」といろいろなものを理解しやすくなる、「対比できるものは対比して考える」というのは非常に大事です。

具体的には事例13としてまとめておきましたので、ご覧ください。

(さらに…)

性格が違うものは分けることが大事

簿記のお話ですね。

0416 bookkeeping p1

(さらに…)

順番を意識するかしないか

Together! 3行ラベリング、本日から4月後半の回です。

こんなお題をいただきました(^o^)

0416 touchpanel p1

文章および画像の出典はこちら→?第8回?なぜ画面に直接触って操作できるのか?――「タッチパネル」の基礎知識 | EIZO株式会社?

(さらに…)

「課題」を使わないことが課題です?

「現在の課題は、○○○○です」 と、こういうセリフをビジネスミーティングではよく使いますよね。

でも、その「課題」という言葉を使わない方が、きちんとロジックを整理できて論理的に考えられるようになります。

(さらに…)

書いて・聞いて・考えること

開米は「わかりやすく書く技術・説明する技術」の指導でお金をいただいているわけですが、その経験を踏まえて、「書ける」ようになるために何が一番重要かを手短に言うと、

(さらに…)