ラベリング・構造化(図解)事例集

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

【T3L】事例25:報告書の書き方の注意-1 (全体構図を描く)
【T3L】事例26:報告書の書き方の注意-2 (全体構図を描く)
【T3L】事例27:報告書の書き方の注意-3 (全体構図を描く)

報告書の書き方について、どこの会社でもよく言われる一般的な事項を構造化して描くシリーズ。1、2、3の順番にどうぞ。1では写真を使うことの難しさについても触れています。

【T3L】事例24:バーナム効果(原文の構成に引きずられるケースに注意)

元の文章の内容を鵜呑みにするとラベリングがおかしくなるケース。概念の分類をきちんと考えずに書かれた文章が多いので、この問題がよく起こります。

【T3L】事例23:数字で考える(名詞と動詞を分けて「変化」を表す)

動詞はものごとの変化を表す場合が多く、名詞(Before)→動詞→名詞(After)の流れで書ける場合が多い

【T3L】事例22:非機能(複数の要素がつながる全体構図を描く)

複数の要素が関連づいてつながる全体像を示すと良い(ラベリングだけでは足りない)ケース

【T3L】事例21:ランサムウェア(カテゴリーとサマリーの混同)

ラベル(見出し)をつけるときにカテゴリーとサマリーを混同してしまうという、わりとよくある事例。文章の中で混同しても目立たないのですが、ラベルを独立させると目立ちます。もちろん、文章でも混同しないほうがわかりやすくなります。

【T3L】事例20:CEマーキング(まっすぐ順番につながるものを手がかりにする)

EU域内市場に適用される規制についての課題文。構造化(図解)が必要で、「まっすぐ順番につながるものを手がかりにする」事例。

【T3L】事例19:魂と運命(複数の要素が時間軸を通して相互に影響し合い変化していく)

複数の要素が時間の経過にしたがって相互に影響し合い変化していく関係を文章で表現するのはほぼ不可能なため、図解することが望ましいです

【T3L】事例18:クセ毛の特徴 (原因と結果の関係、抽象的な意味づけに注目)

これも美容関係の文書。「具体的なもの(現在)」と、「具体的なもの(未来)」の間に「抽象的な意味づけや方針」を挟み込むのはよくあるカタチなので、使えるようでありたいですね。

【T3L】事例17:頭皮のキレイが髪のキレイ(図解キーワード「循環」に注目)

美容関係の文書です。図解の手がかりを与えるキーワード、「循環」に注目。

【T3L】事例16:個人情報(土台の構造を可視化する)

「すべての説明の土台になる構造」というものがたいてい存在するので、それを見抜いて可視化してあげましょう、という事例。難易度高いです

【T3L】事例15:タッチパネル(順番があることを明示する)

原理的に順番があるものについては、それがわかるような名前(ラベル)をつけよう、ということです。

【T3L】事例14:扇風機(機能と効果)

「機能と効果」は「原因と結果」の特殊な場合で、人間の設計意図が存在するときに使われます。したがって「効果」と「結果」の両方を同時に使うと紛らわしくなります。

【T3L】事例13:簿記とは

簿記についての説明文が題材。2つを対比して書くとよい、ということに気づけるかどうか?

【T3L】事例12:乳児ボツリヌス症

乳児に蜂蜜を含む食品を与えてはいけないという注意喚起の文章が題材。専門知識を必要としない簡単な事例で、ラベリングによくある失敗が出てくるのでお勧めです。

【T3L】事例11:国会動向

「ICT」の概念についての説明文。

【T3L】事例10:ICT

「ICT」の概念についての説明文。

【T3L】事例9:PDCA

「PDCA」の考え方を再考。

【T3L】事例8:転職動機

転職希望者が書いた「転職動機」を題材にしています(ただし原文は非公開)。

【T3L】事例7:ワーク・ライフ・バランス

内閣府HP掲載のワーク・ライフ・バランスについて文を題材に。

【T3L】事例6:強化ガラス

強化ガラスについての解説文。 「装置・仕組み・機能・用途」パターン。

【T3L】事例5:本醸造酒

日本酒の規格の1つである、「本醸造酒」についての解説文。

【T3L】事例4:名鉄3400系電車

 名鉄3400系電車の解説文。

【T3L】事例3:古い設備に関する問題提起

 古い設備を更新せずに使い続けることについての問題提起をするための文章の分解・ラベリングしたもの。

【T3L】事例2:テーマ改善活動

 工場での生産性改善に関する小集団活動の説明文を分解・ラベリングしたもの。

【T3L】事例1:REST API

 REST という技術に関する技術解説の一部を分解・ラベリングしたもの。

 

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加