文字が多すぎる営業資料にちょっとした図解を取り入れる法

投稿者: | 2017年10月16日
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

10/23に開催予定のSales tool Meetupにて図解ノウハウのミニセミナー(20分間)をやらせていただくことになりました。

これはIT業界に強い営業コンサルタント、小幡英司さん主催のMeetupで、対面型営業での商談に使う商談ツールの改良を目的としたものです。営業資料の反応が良くない、というお悩みをお持ちの方向けのイベントです。

私は、いろいろ言いたいことが多くてついつい文字が多すぎる営業資料になってしまう、という方のためのちょっとした図解ノウハウを紹介する予定です。

↓ 詳しいご案内はこちらから!!

Sales tool Meetup #001 – connpass

10月23日 19:00~21:30、東京都品川区大崎4-1-7 VACANCY OFFICE GOTANDA

STM(セールス・ツール・ミートアップ)とは

営業マンや経営者のための営業力向上のための成功事例の共有イベントです。今回のテーマは、第1回のテーマは、営業ツール。あの営業マンの使っている営業ツールは、何が違うのか。成果を出すために何を工夫しているのか。実際に使っている成功事例をご紹介します。

今回のSTM(セールス・ツール・ミートアップ)では

1.対面で使う商談ツールの作り方が判る!!

実際に商談で使っている対面型の営業資料を公開します。営業資料の反応が良くないといったお悩みを持っているかたなら業種を問わず参加OKです。

2.参加するだけで営業のスキルアップができる!!

トップ営業マンが、どうやってトップになっているかの秘密を話します。

3.販路が広がる可能性もあるかも!

商品やサービスの内容が参加者に刺されば、販路拡大や業務提携のチャンスがあるかも!

 

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す