ブログ

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

公開講座のお知らせ(2018年2月~9月)

3月9日、名古屋 アイデア・思考を見える化する「読解力×図解力」トレーニング研修 https://www.chusanren.or.jp/sc/sdata/1726.html 主催:中部産業連盟 (同じ講座を9月6日, … 続きを読む »

コメントなし

保護中: 羽生竜王はなぜ強い? 解答例 (要PW)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コメントなし

「行動・実力・成果」のパターンで考える

複雑な情報をわかりやすく整理するために重要なのが、「隠れた構造を発見する」こと。 今回はある方のご相談から。 「先日、将棋の竜王戦で羽生さんが竜王位が永世七冠を獲得されたのにちょっと刺激を受けまして、羽生竜王はなぜ強い?… 続きを読む »

コメントなし

できない社員でも生かそうとするとみんなが幸せになれる話

会社経営をしているあるFB友達がこんなことを書いていました。 会社を始めた頃は、実力のないスタッフなんていらないし、現場出来ない人間に価値はないと思ってました。 しかし今は、その人の特性を何とか生かして、クライアント様に… 続きを読む »

コメントなし

週に1回、10分の練習でプレゼンが上達する方法とは?

プレゼンテーションが上手くなりたい、と考えて「実際にやってみよう」と決意しても、やる機会ってそんなになかったりします。 自分がエンジニアをしていたときのことを考えると、現場で開発やサーバーの管理をしているエンジニアにはい… 続きを読む »

コメントなし

英語のプレゼンは英会話より簡単かも? というお話

(もちろん、「会話」にも「プレゼンテーション」にもいろいろなものがありますので、以下の記事は適宜自分の状況、環境と似ているところ、違うところを考えながら読んでください) みなさん、英語でプレゼンテーションをしたことはあり… 続きを読む »

コメントなし

プレゼンが上手くなりたければフィードバックをするべし

この記事は「エンジニアのためのプレゼン技術研究会」のアドベントカレンダー、12月8日の分として執筆したものです。プレゼンテーションに関する話題をいろいろな人が書いているので、ぜひそちらも見てみてください。 それでは本題で… 続きを読む »

コメントなし

ロジカル・コミュニケーションの5つの類型を知っておこう

プレゼンテーションには論理性が必要でしょうか? 答えはもちろんYESです。プレゼンテーションは普通、何らかの「問題提起」を行い、「解決策」を提案し、「行動」を促すために行います。そこに論理性がなければその提案は受け入れら… 続きを読む »

コメントなし

グラフ作りに関して役に立つ参考書籍

一冊まるごとグラフの話。お勧め。 ↓ プレゼン・企画書の説得力がアップする チャート・図解のすごい技 | ジェラルド・E・ジョーンズ, 夏目大   プレゼンの資料作りの本で、グラフの話は一部ですが名著。 ↓ 図… 続きを読む »

コメントなし

論理設計はビジュアルの前にやっておこう

「Excelグラフ、ダサイですね」というタイトルが目についたので読んでみました。 「先輩のExcelグラフ、ダサいですね」とデザイナーが言ってきたので教えを請うたら恋が始まった https://www.soldi.jp/… 続きを読む »

コメントなし

「国語教育は道徳教育」・・・で良いのか?

ちょっと面白い、だけでなく国語教育がかかえる「深刻な問題」がわかる記事が目に止まったのでメモ。 ​小学生はなぜごんぎつねの気持ちを考えさせられるのか|不道徳お母さん講座|堀越英美|cakes(ケイクス) 「ごんぎつね」は… 続きを読む »

コメントなし

「エンジニアの文章図解・情報整理術」の案内を更新

複雑な情報を整理分析し、相手の知識量に応じて論理構成を組み立て、言葉だけでなく図解を交えて説明する能力を育成する「エンジニアの文章図解・情報整理術」の講座概要を更新しました。

コメントなし

書評:図で考える。シンプルになる。

読みました。 図で考える。シンプルになる。   印象に残ったフレーズをいくつか紹介。 ↑まったく同感。   ↑「中身のほうが重要」なのは確か。 とはいえ「表現テクニック」を無視していい訳ではないので、… 続きを読む »

コメントなし

文字が多すぎる営業資料にちょっとした図解を取り入れる法

10/23に開催予定のSales tool Meetupにて図解ノウハウのミニセミナー(20分間)をやらせていただくことになりました。 これはIT業界に強い営業コンサルタント、小幡英司さん主催のMeetupで、対面型営業… 続きを読む »

コメントなし

OODAループのコンセプトの背後にある「パラダイム」

先日の続きでOODAループという考え方についていろいろと調べています。 John Boydのオリジナルに近い形のOODAループはこういうものです。 出典:Theory of Constraints Thinking Pr… 続きを読む »

コメントなし

OODAループは意思決定、PDCAは品質改善が目的

ある事情があって OODA ループという概念を調べています。 もともとはアメリカ空軍で空戦時の戦闘機動の判断を最適にできるようにすることを目的に考え出された概念ですが、これが変化の激しい現代のビジネスの世界で応用できるの… 続きを読む »

コメントなし

徳島:女子中学生チケット詐欺事件のシーケンスチャート化

昨日(9/11)報じられた、女子中学生によるチケット詐欺(専門学校生の誤認逮捕事件)について、産経新聞にチャートが載っていました。 http://www.sankei.com/west/photos/170911/wst… 続きを読む »

コメントなし

1本真っ直ぐつながる部分を探す

一昨日(2017-8/25 金)に「相手に分かりやすいと言われる『伝わる書き方』の技術」という中部産業連盟主催の講座(東京開催分)を担当した際、受講者の1人からこんな感想がありました。 「図解した方がいいとは思っても、長… 続きを読む »

コメントなし

図解パターン共有 ピクトレット・ライブラリ 開設

最近あったいくつかの出来事を通じていくつか感じたこと/考えたことがあり、ピクトレット・ライブラリを開設することにしました。 ピクトレットとは聞き慣れないな? と思われるのは当然で、「具体的事例についての図解表現のサンプル… 続きを読む »

コメントなし

問題解決提案で使う「必要・可能・概要」パターン

昨日は愛知県に日帰り出張で企業研修の打合せをしていました。 とある素材系メーカーさん向けの読解図解スキル研修です。 対象者は営業部門、仕事の大半は既存取引先と社内との調整で、新規開拓はほとんどないとのこと。 打合せの中で… 続きを読む »

コメントなし

RDB技術の連載記事を書く仕事

先月、18ヶ月の連載を無事終了したRDB性能トラブルバスターズ奮闘記(Software Design誌)は、著者:生島勘富、構成・文:開米瑞浩というクレジットで名前を入れてもらってます。 この「構成・文」というのは、原作… 続きを読む »

コメントなし

過去最高に図が多い本になりそう?

技術評論社 Software Design 誌で連載していたRDB性能トラブルバスターズ奮闘記(私が文を書いていました)の書籍化打合せのため市ヶ谷に行ったところ、担当編集者氏に「過去最高に図が多い本になりそう。しかも大半… 続きを読む »

コメントなし

論理文章能力検定?

論理文章能力検定、というものを発見したんですが・・・・論理文章能力? 過去問題が掲載されていたのでざっと見てみましたけど、最高のレベル10の問題を見ても、今までのよくある現代文の問題と大して変わらないような気がします。 … 続きを読む »

コメントなし

「3G1Sフィードバック」を使う理由とは?

【プレゼンテーション練習会マニュアルへの感想】 「あー、なるほど、こういう風に考えるのか!」と思った部分は・・・ 「3G1Sフィードバック」 の部分ですね。普段、なんとなく練習してなんとなくフィードバックしていたので・・… 続きを読む »

コメントなし

知っていればできるのに‥‥‥

「日本人はプレゼンテーションが下手」とよく言われますけど、学校でも会社でも(一部を除いて)ほとんど教えてくれないし練習したことがないんだから無理もないです。 コツを知って練習しさえすれば、ちょっとの時間で誰でも見違えるよ… 続きを読む »

コメントなし

対称的な関係に注目しよう(解説)

「対称的な関係に注目しよう」の解説です。 ここではスライドのみ掲載しておきます。後日事例28としてまとめる予定。

コメントなし

ヒアリングとレポーティング

先日書いた「「指示命令」はティーチングじゃありませんよ?」に関して、 「ヒアリングとレポーティングはどちらも状況把握をするもののようですが、違いは何ですか?」 という質問いただきました。   これは現場を体験し… 続きを読む »

コメントなし

勉強会サポートへの問合せ

自主勉強会サポートプログラムへのお問合せとして、こんなメールをいただきました。 【困っていること】 メーカ等業者へ要件や問い合わせをする際に、なかなかこちらの意図することを正しく伝えることができない そのため、求める回答… 続きを読む »

コメントなし

「指示命令」はティーチングじゃありませんよ?

「コーチング」がビジネス教育界で一種のブームになったのはもう10年ぐらい前の2007~8年ぐらいのことだったと思います。 そのときも気になったのですが、コーチングを推進している人々は「ティーチング」という用語を誤用してい… 続きを読む »

コメントなし

写真はロジックを伝えるのには向いていない

プレゼンテーションで写真を使うケースが増えていますが、写真では論理的に複雑な構造を持つ情報は表現しづらいので、本当におおまかなアバウトなイメージを伝える場合にしか使えません。 写真を使うとわかりやすそうに見えるかもしれま… 続きを読む »

コメントなし

「エンジニア向けの情報整理術」のご相談

先日ある会社から「文書作成のための情報整理術」というエンジニア向けの研修のご相談をいただきました。 文書作成というのはたとえば報告書、提案書、手順書など。 特に気にされていたのが「トラブル報告書」で、「トラブル報告の内容… 続きを読む »

コメントなし

対比できるものは対比して考えよう

性格が違うものは分けることが大事 のコラムで扱ったことと関連しますが、人間は「比べて違いを見る」といろいろなものを理解しやすくなる、「対比できるものは対比して考える」というのは非常に大事です。 具体的には事例13としてま… 続きを読む »

コメントなし

性格が違うものは分けることが大事

簿記のお話ですね。

コメントなし

順番を意識するかしないか

Together! 3行ラベリング、本日から4月後半の回です。 こんなお題をいただきました(^o^) 文章および画像の出典はこちら→?第8回?なぜ画面に直接触って操作できるのか?――「タッチパネル」の基礎知識 | EIZ… 続きを読む »

コメントなし

「課題」を使わないことが課題です?

「現在の課題は、○○○○です」 と、こういうセリフをビジネスミーティングではよく使いますよね。 でも、その「課題」という言葉を使わない方が、きちんとロジックを整理できて論理的に考えられるようになります。

コメントなし

書いて・聞いて・考えること

開米は「わかりやすく書く技術・説明する技術」の指導でお金をいただいているわけですが、その経験を踏まえて、「書ける」ようになるために何が一番重要かを手短に言うと、

コメントなし

 

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加