- +

■原文

名鉄3400系電車の解説文を分解・ラベリングした事例です。

原文はこちら。ここではよく読まなくても大丈夫です(よく読むのはラベリングした後でOK)。専門用語が多いですが、気にしなくていいです。

名鉄3400系電車(めいてつ3400けいでんしゃ)は、

名古屋鉄道(名鉄)が主に優等列車運用に供する目的で1937年(昭和12年)に導入した電車である。名鉄の直流1,500 V電化路線において運用された吊り掛け駆動車各形式のうち、間接自動進段制御器を搭載するAL車に属する。

先頭車の前頭部を流線形状として、前面から側面にかけての車体下部全周を排障器(スカート)にて覆った外観を特徴とし[5]、名鉄社内においては3400系電車を「流線(りゅうせん)」と呼称した[6][7]。

また鉄道愛好家からは主に「いもむし」の愛称で呼称された[7][8]。

以下、本項においては3400系電車を「本系列」と記述し、また編成単位の説明に際しては制御電動車モ3400形の車両番号をもって編成呼称とする(例:モ3401-ク2401の2両で組成された編成であれば「3401編成」)

(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E9%89%843400%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A

2016年12月29日 (木) 16:10  UTC)

 

この後の展開はSlideShareにてご覧ください。

T3L 4 p1

https://www.slideshare.net/kaimaimizuhiro/3-340020170314

 

 

Together! 3行ラベリング・メール添削トレーニングのお知らせ