- +

■原文

ある技術解説の文章を分解・分類・ラベリングした事例です。

原文はこちら。(よく読まなくても大丈夫です)

「REST API」とは、APIを呼び出すことでWebを通じてさまざまなサービスを利用できる仕組みのことです。

ここで出てくるREST(Representational State Transfer)とは、2000 年頃に Roy Fielding 氏が提唱した、分散アプリケーション構築においてコンポーネント間連携に適したサービスを構築する際の設計原則の集合のことです。
主に以下の4つ特徴があります。

 (中略)

ポイントはRESTの設計原則がWeb技術と親和性が高いということです。

それに対し、REST APIはシンプルな設計で分散アプリケーションを実現できることや、すでに普及していたWebのHTTP通信でやりとりをできる手軽さ から人気となりました。
このとき、REST APIでのクライアント/サーバ間のデータの受け渡しには、軽量なデータ形式であるJSONが使用されることが一般的です。

 (出典:http://www.knowledgewing.com/kw/blog/2017/02/201702230900.html?banner_id=ml_1977

さらっと眺めたら次へどうぞ。

 

■ラベリング案-1

受講者が最初に考えたラベリング案はこれでした。原文の一部を切り出して箇条書きにし、そこにラベル(見出し)をつけたものです。 

◆REST APIとはなにか?
【説明】APIを呼び出すことでWebを通じてさまざまなサービスを利用できる仕組み
【特徴】Web技術と親和性が高い
 ├【簡単】シンプルな設計で分散アプリケーションを実現できる
 ├【手軽】普及しているWebのHTTP通信でやりとりできる
 └【早い】軽量なデータ形式であるJSONが使用できる

「簡単」と「手軽」という2つのラベルに何か問題を感じませんか?

 

 

 

 

■ラベリング案-1 の問題点とは?

「簡単」と「手軽」は意味が似ていますね。似た意味のラベルを使ってしまうというのはよくある失敗の1つなのです。

◆REST APIとはなにか?
【説明】APIを呼び出すことでWebを通じてさまざまなサービスを利用できる仕組み
【特徴】Web技術と親和性が高い
 ├【簡単】シンプルな設計で分散アプリケーションを実現できる
 ├【手軽】普及しているWebのHTTP通信でやりとりできる
 └【早い】軽量なデータ形式であるJSONが使用できる

では、どうすれば良いでしょうか?

ヒント1:簡単と手軽は1つにまとめます

ヒント2:まとめたときに、本文の中のある情報はそこから切り離して別項目を作ったほうがよいでしょう。

その結果どうなるかというと・・・・

 

 

 

■ラベリング案-2 

こうなります。

◆REST APIとはなにか?
【説明】APIを呼び出すことでWebを通じてさまざまなサービスを利用できる仕組み
用途】分散アプリケーションの実装技術の1つ
【特徴】Web技術と親和性が高い
 ├【簡単】シンプルな設計が可能。普及しているWebのHTTP通信
 |     でやりとりできる
 └【早い】軽量なデータ形式であるJSONが使用できる

技術解説なので、「用途」という項目がピッタリですね。

こんなふうに「ラベリング」をしていると、「よく使う項目」は自然と気がつくようになるので、短時間でわかりやすい整理ができるようになります。

「似たラベルを使ってしまう」のは非常に良くある失敗ですが、良くあるということを知ってさえいれば「見つけやすい、気がつきやすい」もので、しかも気がつけばそこで「考え直すきっかけ」が得られるので、ぜひ覚えておいてください。

 

 

 

■まとめ

「長い文章をわかりやすく整理するための、よく使う3つの方法」として下記のようなものがあります。

この事例では主に「ラベリング」を使っています。

T3L 3 p14 

「自分も出来るようになりたいけれど、一人ではなかなか難しそう・・・」

そんな「願いと不安」を併せ持った方にこそ「Together! 3行ラベリング」なのです!

Together! 3行ラベリング・メール添削トレーニングのお知らせ